'; ?> 20代に人気の借り入れ先は銀行VS消費者金融 どっち?

20代 借り入れ

MENU

20代に人気の借り入れ先は銀行VS消費者金融 どっち?

ここでは20代の若者の借り入れ事情についてお話します。
20代,借り入れ,どこ

 

【目次】
○20代の借り入れ先はどこ?
○なぜ金利の高い消費者金融が20代に選ばれる?
○消費者金融の金利は本当に高いのか 利息を計算してみよう
○利息0円も可能!消費者金融の無利息期間はぜひ利用したい

 

 

20代の借り入れ先はどこ?

20代の若者が借り入れ先として選ぶのは、消費者金融会社が一番多いという調査結果があります。
(2007年NTTデータ経済研究所)

 

多い順にランキングにすると

 

20代,借り入れ,どこ消費者金融会社
20代,借り入れ,どこクレジットカード会社・信販会社
20代,借り入れ,どこ銀行・信用金庫などの金融機関

 

という結果です。

 

若者の銀行離れがすすみ、消費者金融会社の「スピード対応」「来店不要」「コンビニ利用の便利さ」などメリットが20代のニーズにマッチしている結果と思われます。

 

20代の利用者が49%以上

アコム公式サイトへ

 

 

なぜ金利の高い消費者金融が20代に選ばれる?

金利を比較すると、借り入れ額が同じ場合、銀行カードローンのほうが消費者金融のローンより、金利が高いです。

 

にもかかわらず、20代の利用者は消費者金融を選んでいます。

 

この理由は何でしょうか?

 

それは、消費者金融のメリットです。

 

消費者金融はメリットとして

 

  • 来店不要
  • 即日融資にも対応
  • 銀行口座の開設不要
  • ATMの利便性

 

があげられます。

 

この中には、銀行カードローンも徐々にサービスを充実させつつある項目もありますが、基本的に借り入れする銀行の口座を開設手続きが必要です。

 

このため「急いで借りたい」「今日借りたい」「スピーディーに融資してほしい」という20代のニーズにマッチしてる消費者金融が選ばれているのです。

 

最短1時間で融資

アコム公式サイトへ

 

 

 

消費者金融の金利は本当に高いのか 利息を計算してみよう

カードローンでお金を借りた時の利息は、借りた日数、金額、金利 で計算されます。

 

アコム三菱UFJ銀行カードローンを比較してみましょう。

 

アコムの金利は、3.0%〜18.0%、三菱UFJ銀行の金利は1.8%〜14.6%です。

 

5万円借りた場合の利息を計算してみます。

 

●5万円の場合の金利
・アコム→18.0%
・三菱UFJ銀行カードローン→14.6%

 

借りる日数は、月の始めごろで、給料日に一括返済する計画と過程して20日間とします。

 

計算結果は、

アコム=5万円×18%÷365×20日=493円
三菱UFJ銀行カードローン=5万×14.6%÷365×20日=400円

5万円を20日間借りるなら93円の差になります。

 

 

ここから更に、アコムは最大30日間無利息になります。

 

なので正しい結果は、

20日間の利息
アコム=0円
三菱UFJ銀行カードローン=400円

という計算になります。

 

 

短期で少額借りている20代にとって、アコムのほうが利用しやすいといえますね。

 

最大30日間無利息

アコム公式サイトへ

 

 

 

利息0円も可能!消費者金融の無利息期間はぜひ利用したい

多くの銀行カードローンには無利息期間がありません。

 

消費者金融でも少なく、大手ではアコムプロミスです。

 

消費者金融は価格帯の数字だけを見れば、銀行カードローンより金利が高いのですが、短期間少額の利用であれば、金額はそれほど大きく差がありません。

 

20代の若者にとって「すぐ借りられて」「コンビニ利用で返済でき」「無利息期間がある」消費者金融は、利用しやすいサービスとなっているんですね。

 

20代の若者は、フリーターや収入がバイトだけの人も多いのですが、少額でも借りやすい点でも、消費者金融は人気です。

 

消費者金融人気No.1

アコム公式サイトへ